「当初はもっとこぢんまりとしたサービスを予想していたが、全国にメンバーも増え素晴らしい取り組みになっている」

――TEAM SUSTINAとの出会いとその時の印象について教えてください。  ユニオンテックさんとはもともと防水工事店としてお仕事のお付き合いがありました。それでこのTEAM SUSTINAというものを立ち上げるというお話を社員さんから伺いまして、そこから大川社長(ユニオンテック代表)とお会いするアポイントを取らせていただき、説明を受けたというのが最初のきっかけです。それまでにユニオンテックさんの上の人ともお話ししたことはありませんでしたし、それが大川社長に初めてお会いする機会でしたが、こんなにお若い社長さんなんだと驚きました。やはり事業もアクティブですよね。

――メンバーとして加入した理由を教えてください。  大川社長にお会いした際に、このTEAM SUSITNAについてのご説明と大川社長のお考え、お気持ちを伺いまして、そこに共感できたからです。若い人たちに「建設業界に入りたい」とか「魅力のある業界だな」と感じてもらえるように、私もTEAM SUSITNAの一員となれたらと思いました。今の時代、例えばITとかいろいろな仕事があるわけですけども、その中にあって建設業というのも悪い仕事じゃないですし、これからも無くなることはない大事な仕事であるということをこれからの人たちに伝えていきたいですね。

――TEAM SUSTINAに加入してみて、これまでいかがでしたでしょうか?  弊社はかなり早い段階で加入させていただいたと思うのですが、最初はもっとこぢんまりしたサービスをイメージしていたんです。それが今では参加しているメンバーさんも増え、いろんな地方の業者さんも参加されていて、素晴らしい取り組みになっているなと感じています。

――提供されているサービスについてはどのように感じていますか?  まだサービス全てを活用しきれているわけではないですけども、メンバー同士を繋げていただけるのがとても良いですね。弊社の仕事は長い付き合いの業者さんとの繋がりに限られているのが現状ですが、これからはその繋がりも広げていきたいです。例えば現場が遠方の場合などには現地の近くにいらっしゃる業者さんとパイプが繋がっていればご協力をお願いしたり、あるいは逆に私どもの近くに来られた際には協力させてもらい、ということができればと考えています。

――今後のお仕事について、そしてそれにあたってTEAM SUSTINAとの付き合い方についてお聞かせください。  会社をもっと大きくしたいというのもありますが、まずは現状維持からですね。防水工事というのは建物の中でも重要な工事ですし、「スピードをどんどんと上げていく」ことはこれからより求められる時代になると思うのですが、技術力を生かして今後も引き続きより丁寧な仕事でお客さんに喜んでいただくことを目標にしたいです。そしてそれを前提に、会社がより上を目指していけたらと思っています。TEAM SUSTINAのサービスについての理解もまだ浅かったのですが、今日のイベント(5月24日東京開催)ではそれについての説明もいただけましたので、弊社に合ったサービスを選んで、うまく活用していけたらと思っています。

文/北村誠人