「事業拡大にあたり、TEAM SUSTINAはこれ以上ないツールだと思った」

――TEAM SUSTINAとの出会いのきっかけは?  ユニオンテックさんから、これからTEAM SUSTINAという、「建設業界全体を活性化させる仕組み」を立ち上げようとしているところだという話を聞き、その想いに賛同し、「協力させて頂きます」というお返事をさせてもらったんです。当初は、それによりユニオンテックさんからお仕事が頂けたらいいなと思っていただけだったのですが、いざ参加してみるともっと深い意味合いがありました。

――なぜ、メンバーになろうと思ったのですか?  参加する決め手となったのは、ユニオンテックさんが本気で「建設業界の将来のために」この試みをなされていると感じられたからです。私自身も他業種のことを学びたかったですし、同業種との繋がりが必要だと感じてもいました。

――他業種のことを深く知ろうと思ったのはなぜですか?  当時、会社としては、ガラス工事だけをやっていた時期で伸び悩んでいましたので、ちょうど違う工事にも手を広げようと思っていたところだったんです。ただ、どのように手を広げていいのか、どうすれば手を広げられるのかも分からない状態でした。なので様々な人を紹介して頂けたり、知り合ったりできるのでTEAM SUSTINAは、これ以上ないツールだなと思ったんです。

――いざ参加するとなった時はどんなお気持ちでしたか?  参加するのには勇気がいりましたが、ダメ元でもいいから、何事もやらないよりやった方がいいな、という気持ちでしたね。自分が参加したことによって、将来の建設業界の発展や活性化に少しでも力になれたらそれは素晴らしいことだと思いますし、そうなるようにしていきたいなと考えています。

――TEAM SUSTINAの提供サービスで最も魅力を感じた、または積極利用したいコンテンツは?  『GENBA navi』、あれはいいなと思いました。現場仕事となると、だいたい材料なり工具なり何か忘れ物をして(笑)、近くでホームセンターとかそういうショップを探すことになることが多いのですが、我々が使うようなものを扱っていないショップに行ってしまうことも多々あるんですよ。そういう時に GENBA naviがあったら便利ですね。

――サービスの利用した効果、メンバーになったことでの反響などはありますか?  まず『SUSTINA』(建設業界企業検索サイト)に弊社ホームページを作って頂いたのですが、TEAM SUSTINAから紹介してもらった方や、一緒にお仕事した方がそこを見てくれます。
それだけでも大きなことだと思いますし、一緒の繋がりに参加しているという意識からか、最初から堅苦しい感じがなく、親近感を持って仕事をすることができますね。やはり共通の話題があるというのは大きいです。

――福田様はTEAM SUSTINA主催のイベントにも出席して頂いていますが、参加してみてどうでしたか?  参加した時に、色々な業者さんと知り合えたのは良かったです。その後お仕事をお願いした業者さんもありますし、仕事を頂いた業者さんもいます。もちろん見積もりだけの場合や、電話だけの時もありましたが、それが今後繋がっていくと思うので、財産になりますよね。

――これからのTEAM SUSTINAに期待すること、そしてどう付き合っていきたいですか?  TEAM SUSTINAの認知度がもっともっと上がっていくことが重要なんだと思います。もちろん我々も努力していきますし、掲げる夢を夢のまま終わらせてほしくないと思います。建設業界は3Kのイメージが強いですよね。中にいる人間でもそう思っていると思います。なので、それを改善しつつ、確かに3Kではあるけれど、やらなくてはいけない、とても大切な仕事なんだということが、TEAM SUSTINAの認知度とともに世間に広がっていけばなと思います。我々もTEAM SUSTINAに置いて行かれないように会社を大きくしていきたいと思います(笑)。

文/大木康平