「売り上げ・利益などの見返りより、前進できるきっかけや学び・出会いの場としてTEAM SUSTINAを利用したい」

――『TEAM SUSTINA』と出会ったきっかけを教えてください。  幼いころよりの親友であり仕事仲間でもある、『アートビルダー株式会社』(TEAM SUSTINAメンバー)の宇津木社長に紹介されたのが始まりでした。

――TEAM SUSTINAに入会しようと思った理由はなんでしょうか?  大川社長(ユニオンテック代表)の経歴や運営方針に賛同したことから始まり、最終的にはスタッフさんの丁寧な説明や建設業界のボトムアップを図りたいという強い想いが決め手となり入会を決意しました。

――そう言っていただけると嬉しいです。TEAM SUSTINAに持った印象や、感じたことがあれば教えてください。  今の時代に合った行動指針で、理想をどんどん形にしていく素晴らしいチームだと思いました。建設業の仲間や仕事で関わる友人との間でもTEAM SUSTINAを見かける機会が多かったので、建設業界に対しての僕らの想いが叶っていく経過を見せてくれるだろうと。

――増山さんの想いとは、どういうものなのでしょうか?  弊社では「プレミアムフライデー」や家族休暇、新卒の雇用、全員参加の海外研修。女性スタッフは婦人科健診なども会社の福利厚生に取り入れています。建設業の業態を店舗化する事により女性を雇用し、更にきめ細かなサービスを提供する事ができています。尚一層女性が活躍できる環境作りなど、できることから実施しているところです。時代に適合した会社作りをしていきたいと考えているので、働くママを応援する団体にも加盟しております。
 女性の活躍、例えそれが建設業界で重視しずらい部分だとしても、常に前進していきたいと思っています。「経営に余裕ができたら」「規模を拡大できたら」と後回しにするのではなく、今の状況でも実現させていきますよ。「大企業だからできること」などではなく、社員の皆様に働きやすい良い環境を作りあげるのが私の理想です。そういった環境作りに、TEAM SUSTINAを利用できる部分、参考にしていける部分があるのではないかと思いました。

――たくさんの企業が入会しているので、繋がりも増えそうですね  そうですね。次世代型建設組合とも思えるTEAM SUSTINA。入会した事により仕事が増え、利益が発生する事も嬉しい事ではありますが、私が一番に求めているのは、今の建設業界の雰囲気や、時代の変化、職人さんたちの動きや活躍を感じ取れれば大満足です。それらを日々常に感じていたいというのも入会理由として大いにあります。

――入会したことで期待できること、今後変化しそうなことはありますか  業界では何かしらのチームや組合に入っている方が多いと思います、実際の仕事以外でも忙しい人が多く、そんな多忙な中でもなんとか時間を作り、イベント・会議に参加して吸収しあえる・悩みを相談し合える場にしたいです。自分の力だけではどうにもならない時こそチームサスティナには頼れる存在であってほしいですね。

――TEAM SUSTINAでは『建設コネクト』(建設業界特化型マッチングサイト)、『建設求人サーチ』(建設業界専門の求人サイト)、『SUSTINA PHONE』(TEAM SUSTINAプロデュースのスマートフォン)など様々なサービスを提供しています。魅力を感じたサービス、今後利用したいサービスはありますか?  私の会社は塗装業の中でもいろいろなケースの受注があります。そんな中、あまりよく知らない職人さんに協力をお願いしなければならない時、お客様の心象を悪くするのではないかという不安要素が付いて回るのです。例えば、車が派手過ぎたり、服装がだらしない、言葉遣いが悪い、時間・期日を守らない。などといったことですね。いい会社や職人さんが集まっている、見つけることができるのがTEAM SUSTINAなのであれば、こういった不安を減らすことができるので、マッチングなどのサービスも利用していきたいです。あとは、求人サーチも今後積極的に利用したいと思っています。

――TEAM SUSTINAに期待することはありますか?  建設業界は素晴らしい業界だと私は思います。世の中の方たちへ建設業界の良さ・素晴らしさを感じられることを共に作り上げ提供してほしいと期待しています。TEAM SUSTINAから得たことを自分の中にどう取り込んで、お客様にどのように還元できるかが楽しみです。あと、全体的な「今の流れ」を読み取れることを期待しているので、どんどん情報発信をしてもらいたいですね。

――今後TEAM SUSTINAとどう付き合っていきたいですか?  同じ時代を、良い職人として、良い仲間達と共に歩んで共に成長して行きたいと思っています。激しい時代の流れの中、置いていかれる事も、離れてしまう事もあるかもしれませんが、同じチームや業界にいることで見える範囲にいられると良いですね。もしも私が転びそうになったら、仲間が転ばなくて済むかもしれない、その逆もあるかもしれない。だから、形や目に見える結果よりも、勉強できる場、成長できる場として利用していきたいです。

文/平原和貴子